ドルフィンおきなわのコラム

一年限定、月に2~3回、ゆるゆる更新。くすっと笑えて、ときどきダイビングのはなし。

衝撃の夏のこと

 


衝撃の夏。

 

沖縄の海との出逢いは、今からうん十年前。

社会人1年目の7月。

 

就職活動等を通じて知り合った、我ら、同期の男4人組。

それぞれ進んだ企業は異なるが、

1年に1度、全員で旅に出るのが恒例となった。

 

うち1名が、大の沖縄好きということもあって、

記念すべき、第1回目の男4人旅の行き先は、沖縄へ決定。

 

当時の私は、沖縄=「ミーハーな日本人がいくところ」

というイメージ。

 

ハワイやグアムと同じように絶対に自分で金を払って行くことがないであろう土地の筆頭。

むしろ、ニューヨークとか、シドニーとか、ロンドンとか人種のるつぼ的な大都市へ行って、「ザ・観光客」ではなく、現地の人に紛れて、溶け込んで、しばし‟模擬生活”を送ることが楽しい年頃であった。

 

内心では、「沖縄か・・・」なんて思いつつも、沖縄フリークの同期がチャキチャキと沖縄旅行の計画を立て、22歳の夏、遂に、沖縄デビューを果たした。

 

 

ーーーーー

やはり、そこは沖縄。

実際に、訪れてみると、いやはやテンションは上がるもので、レンタカーを借り、ケツメイシの「夏の思い出」をガンガン車内で流し、全員で大合唱しながら、首里城や、美ら海水族館など、お手本のような『ザ・沖縄観光地』という場所を巡った。

 

しかし、沖縄旅行も、2回目、3回目となると、

 

「うーむ、あそこも行ったし、あれもやった」

 

「今回は、何をするべ?」

 

となってくるもの。

 

そこで登場するのが、またもや、沖縄フリークの男。

 

2014年に国立公園に指定された慶良間諸島(ケラマ諸島)での『半日体験ダイビング』とやらを申し込んだそう。

 

「ん?体験ダイビング?」

 

「海?」

 

「潜るの?」

 

「ボートに乗るの?」

 

「朝から?早起きして?」

 

「人間って進化して陸上生活してるのに、 なんでわざわざ金払って海に潜るわけ?

 それって退化じゃん」

 

今、振り返れば、よくもそんな文句が口から出たなと思えるほどのフレーズを並べていたが、今更、予約のキャンセルをするわけにもいかず、『体験ダイビング』とやらに参加することになった。

 

 

 

当日は、絶好のダイビング日和。

 

ファンダイビングのお客さんと共にボートに乗り込み

いざ、慶良間諸島の海へ。

 

晴天の中、海風を切りながら進むボートに興奮しながら、那覇の港から50分強。

 

ボート上で、インストラクターからのレクチャーを受け、初体験の水中世界へ。

 

「なんじゃ、この風景」

 

衝撃。

衝撃衝撃。

衝撃衝撃衝撃。

 

「退化じゃ、退化じゃ」と叫んでいたのは、一体、誰?

 

この沖縄旅行の後、全員がすぐにダイビングライセンスを取得。

翌年は、体験ダイバーではなく、ファンダイバーとして、沖縄へカムバックした。

 

体験ダイビングを終えて、すぐに「ダイバーになりたい!」

と思い、ライセンス取得コースに進んだのは、慶良間で体感した「こんな世界があるんだという」衝撃が最大の理由。

 

・・・だが、

実は、他にもこんな理由が。

 

自分達より年下。小麦色の肌のイケメンダイビングインストラクター。

体験ダイビングの際は、彼と向かい合わせで、彼の‟お股”に挟まれて、潜降、海の中。

 

ダイビングショップとしては、安全性を加味した正解の方法なのだが、当時の我ら、同期の男4人組にとっては、ちょっぴりの恥ずかしさと悔しさ、そして無力感。

 

「ちゃんとライセンスを取得して、 インストラクターの‟お股”から卒業してもっと自由に、もっといろんな場所を見てやるぞー!」

 

そして、もうひとつ。

 

体験ダイバーの我々を横目に、手際よく、器材のセッティングを行い、エントリーする

ファンダイバーたちがめちゃくちゃカッコよく見えた。

その中に、とってもキュートなファンダイバーがいた。

 

ダイビングって、こんな出逢いがあるんだ

その期待感、ワクワク感がたまらなかったからだ。

 

 

 

ダイビングを始めると、旅の仕方が変わる。

変わる、というか、拡がると言った方が正しいかもしれない。

 

かくいう私も、あれだけ「ニューヨークじゃ、シドニーじゃ、ロンドンじゃ」と豪語したいたことが嘘のように、沖縄も本島だけではなく石垣島宮古島の離島、冬のシーズンは、グアム、サイパンパラオ、モルティブ。

さらに、どんどんニッチになって、シミランボホール、ロタ、パプワニューギニアなどなど、旅の行き先を、どんな海がそこにはあるのか?で選択するように。

 

でも、なぜか、最終的には、沖縄の海に戻ってくる。

 

もろちん、沖縄だと言葉も通じる、

ガタガタの凸凹道をボロボロの車でジャングルクルーズをしなくてよい、ダイビングだけはなく、終わった後も、地元の料理が楽しめる。的な要素はあるが、海だけでなく、この土地の雰囲気がそうさせるのか、それでは言い表せない、なんか特別なものがこの沖縄にはあるのだ。

 

そして、沖縄の海と一口で言っても、その表情は様々。

一般的なイメージ、「透明度高い海に、ニモ」だけではない。

 

ポイントによって全然表情が違う。

時期によっても全く違う。

もろちん、島によっても全く違う。

 

珊瑚から、地形、大物、魚群、遺跡、沈船、ミクロなどなど、沖縄の海でフルコースを満喫することが可能だ。

 

そして、ほんとに日本中、世界中から色んなダイバーが集まってくるので、そこでの出逢いが、これまた面白いのである。

 

沖縄は、梅雨明けまでのカウントダウンがスタート。

水温も徐々に上がってくる、沖縄ダイビングのトップシーズンが到来する。

 

この夏、我ら、同期の男4人組が夢見た、この沖縄の海を、ぜひ体感してほしい。

 

 f:id:dolphin-okinawa:20190618082844j:plain

  

 

 

「琉球チャンプルーズ」のこと


オバァ監督率いる、沖縄ソウルフード球界の強豪『琉球チャンプルーズ』。

現在、首位打者を独走している、ゴーヤー選手の名は、 沖縄ソウルフード球界に興味がない方でも、 一度は耳にしたことがあるであろう。

 

チャンプルー球団の中で、最も知名度が高く、 本拠地を構える “沖縄うちなー食堂球場” は、もちろんのこと、 “仙台沖縄料理スタジアム”、“東京沖縄料理ドーム” 等での アウェイ戦にも、多くのファンが駆けつける、球界きっての名選手である。

 

豪快なスウィングから繰り出す 力強いバッティングが特長で、その実績から、 『琉球チャンプルーズ』 “不動の4番バッター” の地位を築いている。

風貌、苦味のある発言で、一部からは、「私は、あの選手、苦手」という声もあるが、 彼が、沖縄ソウルフード球界に残した功績は 世の誰もが認めるところである。

 

琉球チャンプルーズ』には、 熾烈なエース争いを繰り広げている、二枚看板がいる。

繊細な投球が売りの左腕、ソーミン投手 切れ味鋭い変化球が魅力の右腕、フー投手

今シーズン開幕戦の先発争いも壮絶なものであった。

現在、エースナンバー18番を背負っているのは、フー投手。

一方、ソーミン投手は6年前まで 『東京沖縄料理クラブ』に所属する、野手であった。

 

同クラブで戦力外通告を受け引退表明をしていたが、 チャンプルー球団の強いプッシュで球界へ残留を決意。

 

琉球チャンプルーズ』移籍後、野手から投手に転向。

登録選手名も「素麺」から「ソーミン」へと変更し、 その才能は、見事に開花した。

オバァ監督就任、1年目のことである。

 

両投手活躍の裏には、強力な女房役の存在がある。

ソーミン投手には、トゥーナ捕手(ファンには “ツナ” の愛称で呼ばれている) フー投手には、ポーク捕手。ともに、相性は抜群。 沖縄ソウルフード球界43年の歴史の中で、一二を争う、 最強バッテリーと言われ、それぞれ、2016年、2017年と「沖縄ソウルフード球界 最優秀バッテリー賞」を受賞している。

 

リーグ制覇に向けて、順風満帆に見える 『琉球チャンプルーズ』だが、いくつかの不安材料も抱えている。

  • 一点目は、ゴーヤー選手。

例年、シーズン終盤になると、途中故障し、2軍落ち。

遅くとも10月には、スタメンから外れてしまうであろう、 と、いう見方が強い。

  • 二点目は、ソーミン投手。

繊細な投球が売りの同投手だが、その繊細さがゆえに、 彼を取り巻く、コーチ・トレーナー陣への負担が非常に大きい との評判だ。

 アップ時間は、通常選手の半分  ゲーム終了後は、すぐにアイシング  アイシングの後は、身体を乾かし、特注オイルで入念なマッサージ。

記者の間では、 『球団が抱えるコストも莫大で、そろそろ放出されるのでは?』 とも囁かれている。また、彼にはスタミナの問題もある。 フー投手と比較すると、完投率・完封率ともに低い。

ゴーヤ選手とは異なり、年間通して先発を務めている同投手だが、 4回を過ぎると肩が硬直し、コントロールが乱れる傾向がある。

  • 最後の不安要素は、アウェイ戦での勝率。

ソーミン投手の古巣『東京沖縄料理クラブ』ホーム球場、 “東京沖縄料理ドーム” での勝率が異常に低い。

敵地に渡ると、 なぜか正捕手たち(トゥーナ捕手・ポーク捕手)が体調を崩し、 控えである、魚肉ソーセージ捕手、牛バラ肉捕手 が、先発出場となる。投手と捕手は「あうんの呼吸」が命。その中で、ソーミン投手&魚肉ソーセージ捕手 フー投手&牛バラ肉選手のバッテリーは、 “チャンプルー球団で最も最悪な組み合わせ” だと、言われている。

 

事実、ソーミン&フー両投手とも 本来の投球ができずに、負け試合になることが多い。

彼らが輝くのは、本拠地 “沖縄うちなー食堂球場”  ぜひ、生で『琉球チャンプルーズ』を観戦していただきたい。

 

来週から『東京沖縄料理クラブ』をホームに迎えた、首位攻防戦。

この2連戦で、果たしてどこまでゲーム差を拡げられるか、 “名将” オバァ監督の采配に期待したい。

 

-------------------------

・チャンプルーは、ゴーヤーだけではない。 ※本来、季節限定品。年間通じて提供されるものではない。

・フーチャンプルー&ソーミンチャンプルーは、沖縄の発明。 ※素麺が嫌いだったのだが、沖縄へ来て以来、好きになった。

 

・個人的には、フーチャンプルーが最も好き。

・フーには、ポーク  ※「スパム」というのは、ホーメルフーズさんの商品名。

・ソーミンには、トゥーナ(ツナ)  ※「シーチキン」というのは、はごろもフーズさんの商品名。

 と、いう組み合わせが、てっぱん。

ソーミンチャンプルーは、作り方を間違える or 時間が経つと、くっついて固まり、ダマになってしまう。手間にはなるが、

 ‐固めに茹でる  ‐冷水で洗って、ぬめりを取る  ‐水けをしっかり切る  ‐油を絡める(ツナ缶ごと)  ‐炒め過ぎないを、ポイントにどうぞ。

 

・都会の沖縄料理屋では「え?なんでこれが入ってんの?合わない」 と、驚くことが多々あるので(=ハズレ&不味い)沖縄の『ウチナー食堂』で、 オバァが作る本物のチャンプルーを食ってね ー、 というお話でした。

 

f:id:dolphin-okinawa:20190615085700j:plain

ゴーヤーチャンプルー