ドルフィンおきなわのコラム

一年限定、月に2~3回、ゆるゆる更新。くすっと笑えて、ときどきダイビングのはなし。

かんぞうのこと。

 


 

 

 

仙台の私の身近で、今年、10周年を迎えられた飲食店がある。

 

創業してから、何年間事業を継続できるかという企業生存率” なんて言葉も出回っているが、

10年続くって、スゴイことだなと思う。

 

ほんと、おめでとうございます!

 

 

人口10,000人あたりの飲食店数日本No.1沖縄県

 

急な来客対応などで、普段から色々と無茶なお願いをしていることもあり、

周年祭を開催されようが、されまいが、

極力、お祝いごとのタイミングには、顔を出すように心掛けている。

 

が、ここのところ、行ったり来たりで、すべての会にお邪魔するのが難しくなってきた。

どうやって時間を捻出するか?

極力多くの場所に行けるよう、どう組み立てるか?

が、今の悩みのタネである。

 

 

お逢いした皆さんも、数知れず。

今、楽しい沖縄ライフを送れているのは、そんな方々がいてくれたおかげだな~と、

つくづく、思う。

 

会社経営者や個人事業主として、

日々、奮闘されている様々な苦労、想い、これからの展開などの話を伺い、

色んな刺激を貰いながら、美味い酒を煽る。

 

業種は違えど、抱えてる問題とか、悩みとか、やりがいとかって、共通する部分も多いな、

と、感じられることは、自身のバランスを保つ上で、とても大切な時間。

 

「で、俺ってどうなの?」と、

冷静に自分を振り返ることができているのも、きっと、彼らがいてくれるからなのである。

 

 

 

「毎日、飲んでて良いですね〜」

 

 

そもそも毎日飲んでるわけではないのだが・・・

よく言われる、このセリフ。

そして、その後に続くのは、だいたい、次のくだり。

 

「最近忙しくて、全然飲みにも行けてないすよ」

 

 

し・ら・ん・が・な。

 

 

アナタと全く同じ、124時間という中で、

その時、誰を、何を優先すべきか、どこに行くべきかなどを判断して、

予定を組んでるんですが。

 

アナタのスケジュール管理能力がないか、

半日くらいボッーとしてるから、そんな時間も取れないんじゃないすか?

と、心の中で思うのである。

 

こういう方に限って、自分が幹事になったり、

仕切らざるを得ない状況になった際、慌てて、

「どっかオススメないですか?」と、一方的な、問い合わせしてくる。

 

この感覚って、なかなか伝えるのが難しい・・・。

 

 

 

ちなみに、

 

ぜひ行ってみて!とオススメしたい方”

一切、回答したくない方” 

 

違いは、こうである。

 

 

前者

・そもそも関心や興味があるので、 

   自分で、○○(ジャンル・エリアなど)へ行ってみたいという希望があり、

   緩やかにでも方向性が定まっている

 

・当然、ある程度調べられていて、

日付、時間、滞在エリア、人数や年齢、人間関係(家族旅行)など、

の具体的な情報をきちんと送ってくる

 

1回だけに限らず、来沖するたびに、

    その場所(店)に訪れ、すっかり店主の方と仲良くなっている

    そして、それを周りにも波及し、

    客が客を呼ぶ素敵なループになっている

 

 

 

後者

・何かしたいか、食いたいか、すべて、ノーアイデア

 

1ミリたりとも、自分で調べていない

 

「沖縄に行くんですけど、おすすめのお店ありますか?」が常套句。

日付、時間、滞在エリアなど、必要最低限の情報すら送ってこない

 

・人から情報だけもらって、後は、ノーレス     

  (そもそも行ったか行ってないのかも不明)

 

・たぶん、文面をコピペして、

    他にもいろいろ聞いているんだろうな的な

 

 

 

 

情報はタダではない。

オ・イ・シ・イ・ところだけ、頂戴

なんて、甚だ図々しい。

 

 

自分の時間・金・足を使って探しなさい。

人生、肝臓を張ってなんぼなのである。

 

なお、当店のお客様には徹底的に、

全力でサポートをするのは言うまでもない。

 

f:id:dolphin-okinawa:20190914111054j:plain