ドルフィンおきなわのコラム

一年限定、月に2~3回、ゆるゆる更新。くすっと笑えて、ときどきダイビングのはなし。

肉のこと。

 



肉肉肉肉肉肉まつり。

 

「何系食べたいすか?」

「肉」

 

やはり沖縄は、『魚』ではなく、『肉』のイメージが強いのだろうか。

もしくは、私の周りに、肉食の方々が、たまたま多いだけなのだろうか。

 

肉リクエストが、すこぶる多い。

 

 

『沖縄で、肉と言えば、豚』。

アグー豚の知名度が『沖縄=豚』というイメージを作ったのだろう。

 

沖縄県の豚肉の消費量は、年間1人あたり13.1kg。

これは全国平均の1.4倍の量にあたる』という、出典元不明の怪しい情報まで、あちこちのサイトに転がっている。たぶん、これ、どっかのブログをコピペしまくった結果。

 

皆、同じことを書いてる。

ソースが同じ臭い。

そして、嘘臭い。

 

 

「アグー豚!で、しゃぶしゃぶさせろ」

 

ラフテー!で、トロトロさせろ」

 

「テビチ!で、プルプルさせろ」

 

「ポークたまご!で、モーニングさせろ」

 

「豚の丸焼き!で、画だけ撮らせろ」(てか、日常的には食えないから)

 

 

湧き上がる豚肉コールを浴びせられるが、

 

 

 

 

 

実は、沖縄県は、豚肉消費量日本No.1 ではない。

 

 

 

 

 

 

総務省の家計調査・豚肉消費量ランキングによると、消費量が最も多いのは、北海道(23,882グラム)。2位以下は新潟県青森県秋田県静岡県と、東日本勢が上位を占める。

 

沖縄県は、18,680グラムで、全国17位。

1世帯あたり豚肉消費量の全国平均は19,075グラム。

全国平均の1.4倍どころか、むしろ平均以下である。

 

 

消費量で、豚肉に続くのは、鶏肉。

沖縄県は、11,665グラムで、全国43位。

最も消費量が多いのは福岡県で、19,288グラム。

2位以下は、宮崎県、鹿児島県熊本県大分県佐賀県と続き、上位6県を九州勢が固める。

 

ちなみに、沖縄県では『鶏(とり)』とは言わず、『チキン』と呼ぶ。

 

ゴールデンペア『いなりとチキン』が思い浮かぶが、1世帯あたり鶏肉消費量全国平均は14,484グラム。こちらも沖縄は全国平均以下。

 

 

ラストは、牛肉。

沖縄県は、消費量6,955グラムで、全国22位。

1世帯あたり牛肉消費量の全国平均は6,810グラムで、牛も全国平均以下。

消費量首位は、奈良県10,617グラム)。

2位以下は、京都府大阪府和歌山県広島県と続き、

関西全県がトップ10に入っている。

 

アメリカ文化が色濃い沖縄。

ザッツ アメリカン” なステーキ屋もあれば、

石垣牛宮古牛・もとぶ牛などのブランド牛も輩出。

 

『いきなりステーキ』も沖縄初出店を果たし、ステーキ屋のオープンラッシュ。

「ケンミンショーのネタ」だと思っていた、『〆のステーキ』を体現できるお店が増えてきた。

 

全国的には、『東は、豚肉。 西は、牛肉。 鶏は、九州』という分布。

 

沖縄県で見ると、

消費量は、豚(18,680g鶏(11,665g牛(6,955g)の順。

ランキング順位は、豚(17位)牛(22位)鶏(43位)の順。

 

豚肉が沖縄で最もポピュラーなのは正解のようだ。

 

 

なお、同じ調査で、沖縄県が消費量日本No.1のモノがあった。

 

それは、『ベーコン』である。

 

1世帯あたりベーコン消費量の全国平均は1,479グラム。

沖縄県は、2,152グラムと全国平均の約1.5倍。

 

 

よって、

 

沖縄県のベーコンの消費量は、年間1世帯あたり1.5kg これは全国平均の1.5倍の量にあたる』

 

に、書き直してはいかがだろうか。

 

 

という事で、当店のお客様で、沖縄にお越しの際は、

国際通りのシャリシャリと凍ったアグー豚ではない、

『ちゃんと美味い、豚肉』のお店を紹介します。

 

f:id:dolphin-okinawa:20190927113014j:plain