ドルフィンおきなわのコラム

一年限定、月に2~3回、ゆるゆる更新。くすっと笑えて、ときどきダイビングのはなし。

名レフェリーのこと

沖縄県は、人口10万人あたりの

ハンバーガーショップ店舗数が、日本No.1

らしい。

 

と、同時に、

 

県内のファストフード店は、

日本屈指の “スメラー” スポットであると思う。

 

沖縄のファストフード店の週末は(胡散くさい臭をムンムンに放つ)

“スメラー” さん達との遭遇率が非常に高い。

 

なぜこうも引き寄せてしまうのか・・・。

 “スメラー さんが隣の席に。

ご丁寧にも、左右のサンドイッチである。

アーメン。

 

赤コーナー ♪

40代後半であろう男性が、同じく、40代後半であろう男性に、

延々と『金が儲かる方法』を諭されている。

 

青コーナー ♪

50代前半であろう女性が、(社会人1年目?)20代前半であろう女性に

延々と『金が儲かる方法』を諭されている。

 

 

「もっと幸せになりたいと思ってないですか?」

 

「そのためのテクニックがあるのよ」

 

 

両コーナーとも声がデカイ。

デカ過ぎる。

『猪木 vs アリ』ばりの互角の戦い。

全く集中できない。

 

ーーーーーーーー

なぜファストフード店でやるのだ。

とっておき、秘密のノウハウじゃないのか。

そんなに大声で話して良いのか。

あなたのコンペティターが、私の隣にいますよ!

A&Wルートビアのお代わり、至急廃止してください。

(私、飲めないし)。

“スメラー”さん達、一向に帰らないじゃん。

ーーーーーーーー

 

しばらく悶々とする、私。

 

 

「来週もまたココで密会ですね」

 

「今日の感想をこれ(変な紙)に書いて」

 

ーーーーーーーー

これで、やっと集中できる

ーーーーーーーー

 

“スメラー” バンズに、挟まれた状態から解放される気配に、

ホッと胸をなで下ろす、私。

 

その向かい側で、仲睦まじそうなファミリーが食事を愉しまれていた。

 

 

子(小学生低学年くらい)

「ママ、○○(自分の名前)も、読書感想文したけど、お金持ちなれる?」

 

「(笑)。○○(子の名前)は、お金持ちになりたいの?」

 

「お金がないと何もできないっていう人は、

 お金があってもきっと何もできないんだよ」

 

「忙しいからできない、って言うパパも一緒(笑)」

 

「だね(苦笑)」

 

 

静まる店内。

 

カンカンカンカンカン ♪

(試合終了のゴング)

 

そそくさとリングから退散する、“スメラー”さん達。

聴こえてたかな。

 

ナイスレフェリー。

ジョー樋口(子)&タイガー服部(母)、

そして、ミスター高橋(父)と名付けよう。

 

参りました。